統計検定:Japan Statistical Society Certificate
日本統計学会公式認定・総務省後援・文部科学省後援・経済産業省後援・内閣府後援・厚生労働省後援

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 小林 祐太さん

合格者の声

準1級

医学論文を読み解くためと今後の医療現場を見据えて
小林 祐太さん(医師)

 耳鼻咽喉科医師をしています。今回、統計検定を受けることについて、私の中では2つのモチベションがありました。
 ①医学論文を読み解くうえで、得られたデータに対する解釈の妥当性や限界について正しく評価するためには統計学の知識が必須である
 ②AIなど機械学習が社会のあらゆる領域へ進出するなかで、医療現場もその例外では無いにも関わらず、機械学習の基礎理論や限界につき学ぶ機会がこれまでに全くなかった
 我々医師にとって、恥ずかしながら統計学、もとい基盤となる数学については、腰を据えて学んだ経験がないことがほとんどです(学生時代の過ごし方は人それぞれであり、ひょっとしたら私だけなのかもしれませんが…)。まして機械学習などは、学ぶという選択肢すら、全く頭にありませんでした。
 医学的エビデンスを参照するとき、原著論文ではなく教科書や医学雑誌、ガイドラインをまず参照することがほとんどです。しかし、ときに原著論文を読み解く必要が生じ、そこでほとんどの医師にとって敷居が高くなるのが言語の壁、そして統計学的に適切な解釈ではないかと思います。
 くわえて今後、機械学習が発展するに伴い、医療現場における診断、治療方針の決定、さらに将来は手術に至るまで機械化が進むことは間違いありません。それは、人間が行ってきたあらゆる「判断」を機械に任せて正確化・均一化できる一方で、その原理をおよそ理解できていない限り、医師が医療現場に参加できる余地が無くなっていくことも意味しています。それを見据えて私が今からできること、それは統計学を基礎から学び直すことだという結論に至ったのです。
 統計検定の受験は、統計学を系統立てて学ぶのに大変良い機会となりました。等級に合わせて徐々にレベルアップでき、不足する知識も明確に浮き彫りとなるため、学ぶべきテーマに迷わず進めていくことができました。ぜひ1級合格まで目指したいと思います。

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2022年
1120日(日)

  • 1級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2021年1121日(日)

2021年620日(日)

過去の試験

  • ニュース&トピックス
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ