logo 統計検定:Japan Statistical Society Certificate

日本統計学会公式認定・総務省後援・文部科学省後援・経済産業省後援・内閣府後援・厚生労働省後援

よくあるご質問

よくあるご質問(CBT方式試験)

A.

2020年4月28日から施行されている「授業目的公衆送信補償金制度」(著作権者の利益を不当に害さない範囲で、教育機関が一定額の補償金を指定管理団体に支払うことを条件に、オンライン講義での著作物使用が可能になる仕組み)は、授業目的であれば無制限に使用できる制度ではなく、著作権者の利益を不当に害さない範囲での使用を前提条件としています。
一般財団法人統計質保証推進協会(以下、協会)ではオンライン上での著作物の使用に関して、以下の規約を設けております。規約を遵守せずに著作物を使用した場合は、協会の利益を害ずる不当な使用として、行為の停止および行為を組成した媒体の廃棄、行為に供した設備の除却を求めることがあります。著作権の侵害によって協会が損害を受けた場合、損害賠償請求またはその他必要な対抗措置をとることがあります。


  • 協会の著作物のうち個々の学習者が購入することを想定して販売されているものを、購入に代えて一部または全てを紙にコピーして配布または、購入に代えて一部または全てを公衆送信で配信することは禁止する。
  • 協会の著作物は、アクセス制限を設けているLANやイントラネット、ラーニングシステム等の限定された団体内において、使用する。
  • 協会の著作権を使用したオンライン上のページ情報は学生のみに連絡し、入室や閲覧は許可制とする。また、学生には録画やスクリーンショットを禁止する。
  • 協会の著作物の使用者は、上記の内容を記した使用規約を作成し、これに同意した学生のみに協会の著作物の閲覧を許可する。
  • 協会の著作物の使用者は、学生が協会の商標権および著作権を侵害することがないよう、注意喚起を行う。注意書きの記載例。「統計検定®は一般財団法人統計質保証推進協会の登録商標です。統計検定®の問題の著作権は一般財団法人統計質保証推進協会に帰属しています。無断で複製・改変・公開および配布することを禁止します。」
A.

CBT(Computer Based Tasting)方式で実施している検定種別の英文表記については、以下の通りとなります。

 

【検定種別】
統計検定準1級     : Grade Pre-1
統計検定2級      : Grade 2
統計検定3級      : Grade 3
統計検定4級      : Grade 4
統計検定 統計調査士   : Survey Statistician
統計検定 専門統計調査士 : Professional Survey Statistician

 

【優秀賞】
ランクS(最優秀成績賞) : Pass with distinction
ランクA(優秀成績賞)   : Pass with credit
ランクなし(合格)     : Pass

 

【受験方法】
団体受験      : Group examination
特設会場団体受験  : Institutional examination

A.

受験に関する参考図書は参考図書のページを参照してください。
統計検定センターとしてセミナーは実施しておりませんが、日本統計学会が推薦する講師が担当する外部のセミナーがありますので、連携セミナーのページを参照してください。

A.

CBT(Computer Based Tasting)方式試験の受験料の領収書については、試験会場にお問い合わせください。

A.

合格証の再発行については、オデッセイコミュニケーションズの「よくあるご質問」の合格認定証を紛失したため再発行してください。をご参照ください。

A.

統計調査士と専門統計調査士の認定証の再発行を希望する受験者は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
1枚当たり3,000 円(税込)の手数料で再発行を承っております。ご連絡の際は、受験した年月、検定種別、生年月日をご記入ください。
認定証のカバーのみ再発行される場合は、1枚当たり1,000円(税込)となります。

A.

試験直後に提示される試験結果レポート、もしくは試験日から約4~6週間後に送付される「合格証」をご利用ください。

A.

「統計検定」は一般財団法人統計質保証推進協会の登録商標です。(登録商標第6343975号)。
商標権を侵害しない範囲での使用は認められていますが、商標が登録されている指定商品や指定役務について使用する場合は、許諾が必要となります。
使用にあたってご不明な点がございましたら、事務局までお問い合わせください。
統計検定の名称使用およびロゴ、ウェブサイト掲載情報に関する規約

A.

CBT(Computer Based Tasting)方式試験の問題は公開していないため、使用することはできません。

A.

統計検定のロゴは登録商標です。原則、使用は許可しておりません。
統計検定の名称使用およびロゴ、ウェブサイト掲載情報に関する規約

A.

CBT(Computer Based Tasting)方式とは、パソコンを使って受験する方式です。選択肢から1つだけ選択する択一式や、複数を選択する複数選択式、数値を入力する形式などで出題されます。出題形式は試験科目により異なります。
統計検定CBT方式試験の運営を行っている株式会社オデッセイコミュニケーションズが試験会場として認定したパソコンスクールや専門学校で実施しています。
詳しくは統計検定1級以外の検定種別の申し込みページまたはオデッセイコミュニケーションズのウェブサイトをご確認ください。

A.

同じです。CBT方式の試験でも、従来のPBT(Paper Based Testing)方式と同じ資格を得ることができます。合格証には、CBT方式試験での合格であることが記載されます。

A.

同じです。CBT方法試験の難易度や評価基準は、いずれも従来のPBT(Paper Based Testing)方式と同程度となります。

A.

同じではありません。試験問題はプールされている問題からコンピュータでランダムに出題されます。試験回、個人ごとに問題は異なることになります。(したがって、試験内容について、秘密保持に同意していただくことになります。)

A.

試験会場が指定している日時であれば、いつでも受験が可能です。

A.

いいえ。統計検定CBT方式試験の運営を行っている株式会社オデッセイコミュニケーションズが試験会場として認定したパソコンスクールや専門学校で実施しています。

A.

回数に制限はなく、何回でも受験できます。すでに合格している試験種別でも受験は可能です。ただし、同一の検定種別の2回目以降の受験は、前回の受験から7日以上(7日×24時間=168時間以上)経過することが必要です。

A.

ラミネート加工した計算用紙と専用の筆記用具を会場で配布・回収します。

A.

試験直後に試験結果レポートが提示されます。
統計検定準1級、統計検定2級、統計検定3級、統計検定4級、統計検定 データサイエンス基礎、統計検定 データサイエンス発展の合格証は試験日から4~6週間後に発送します。統計検定 統計調査士、統計検定 専門統計調査士の合格証と認定証は試験翌月の中~下旬に発送します。
試験結果は、オデッセイコミュニケーションズのウェブサイトにログインしてもご覧になれます。

A.

試験運営を行っている株式会社オデッセイコミュニケーションズ カスタマーサービスへお問い合わせください。

 

TEL(CBT専用窓口): 03-5293-5661(受付時間 平日10:00~17:30)
E-Mail: mail@odyssey-com.co.jp

 

会場の情報や申込方法など、CBT方式試験に関する質問は、株式会社オデッセイコミュニケーションズまでお問い合わせください。