統計検定:Japan Statistical Society Certificate

  1. 統計検定TOP > 
  2. 関連情報 > 
  3. 統計検定関連の賞

統計検定関連の賞

統計検定4級(活動賞)

「統計グラフ全国コンクール」(主催:公益財団法人統計情報研究開発センター)において、中央審査に出品された作品のうち、新学習指導要領の「資料の活用」および「データの分析」の内容に沿う統計的活動として優秀と認められた活動に「統計検定4級(活動賞)」を贈呈しています。

「統計グラフ全国コンクール」(主催:公益財団法人統計情報研究開発センター)は、 統計知識の普及と統計の表現技術の研さんに資するため全国の小学生、中学生、高校生、大学生及び一般から統計グラフを募集して毎年行なわれています。

第67回統計グラフ全国コンクール

「第67回統計グラフ全国コンクール」には全国から25,787作品の応募があり、このうち814作品の制作者1,122名に「統計検定4級(活動賞)」が贈られました。そして、特選6作品のうちから、次の作品が、新学習指導要領の「資料の活用」および「データの分析」の内容に沿う統計的活動として特に優秀と認められ、日本統計学会会長賞が授与されました。

  • 日本統計学会会長賞受賞作品
    作品名:「埼玉県アニメ聖地巡礼統計MAP」
    作成者:川口 龍之介さん(埼玉県 立教新座高等学校2年)

日本統計学会会長賞は、2019年11月18日(月)に東京都渋谷区で開催された第69回全国統計大会において、川崎茂日本統計学会会長から授与されました。受賞作品に対して、コンクールの渡辺美智子審査委員長から「県の地域創生、観光客誘致の施策を高校生の作者、独自の視点で真剣に考えた、優れた作品です。単なる思い付きではないことが、統計資料を添え、提案の根拠をしっかり示していることでも分かります。日本統計学会会長賞、おめでとうございます。」との言葉が寄せられました。


統計検定センター長賞

2019年3月から、日本統計学会春季集会のポスターセッションにおいて優秀な成績を収められた方に、「一般財団法人 統計質保証推進協会 統計検定センター長賞」を贈呈しています。

第13回日本統計学会春季集会

2019年3月10日に開催されました「第13回 日本統計学会春季集会」の「ポスターセッション」において、「優秀発表賞」受賞者2名、「学生優秀発表賞」3名の方に、「一般財団法人 統計質保証推進協会 統計検定センター長賞」を贈呈いたしました。ご本人から許諾をいただいた方につきましては、氏名とご所属先を公開しています。

氏名(敬称略) 所属先
今泉 允聡 統計数理研究所
中山 優吾 筑波大学 数理物質科学研究科
藤田 智紀 大阪大学 基礎工学研究科
山崎 遼也 京都大学大学院情報学研究科システム科学専攻
羽村 靖之 東京大学大学院 経済学研究科博士課程

次回の検定情報

2020年
1122日(日)

申込受付:9月上旬開始  
  • 1級
  • 統計調査士
  • 専門統計調査士
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2019年1124日(日)

2020年621日(日)

  • 試験は中止しました

過去の試験

今後の検定情報

2021年620日(日)

  • 準1級
  • 2級
  • 3級
  • 4級
  • ニュース&トピックス
  • 受験案内チラシ請求
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ