統計検定:Japan Statistical Society Certificate
日本統計学会公式認定・総務省後援・文部科学省後援・経済産業省後援・内閣府後援・厚生労働省後援

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 神戸 之法さん

合格者の声

準1級

データ分析の基礎力の確認のために
神戸 之法さん(会社員)

 学生時代に統計検定1級を受験し、合格を頂いたことがありました。それから時は流れ、社会人になり、データ分析の仕事に就くことができました。そんな中、部署の若手が統計検定2級を受験するという話を聞き、統計学を教える機会に巡り会いました。
 準1級が新しくできたことを知り、若手の規範になればと私も準1級を受験することにいたしました。準1級を学習・受験して気づいたことは、より実務を念頭においてデータ分析の基礎を重要視する内容になってきていることです。
 学習方法としましては、『統計検定 1級・準1級 公式問題集』で過去問題を解きながら、統計学の知識を復習していきました。また、主成分分析やクラスター分析等の多変量解析の範囲は機械学習の入門書を用いて、過去出題された問題の周辺知識も一緒に学習いたしました。
 さらに、2級を若手に教えていたため、『統計検定 2級 公式問題集』を用いて、2級で問われる内容の復習も同時に行いました。そのため、準1級と2級で問われる内容の違いを知ることができ、学習に有効でした。
 今回、無事私と若手共に合格することができ、とても嬉しかったです。若手は合格後、次は1級・準1級を目指しますと語っており、統計検定の受験が統計学の学習の良いきっかけになったようです。
 時代の流れとともに、必要となる知識は変化していき、それに対応していくために基礎的な統計学・データ分析の素養を身に着けておく必要性を感じている次第です。統計検定準1級は、データ分析の基礎力を身に付けるための一つの指標、もしくは確認するための良い機会になるのではないかと思います。

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2022年
1120日(日)

  • 1級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2021年1121日(日)

2021年620日(日)

過去の試験

  • ニュース&トピックス
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ