統計検定:Japan Statistical Society Certificate
日本統計学会公式認定・総務省後援・文部科学省後援・経済産業省後援・内閣府後援・厚生労働省後援

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 細越 雄二さん

合格者の声

専門統計調査士

統計調査の経験と知識がどれくらいあるのか客観的に判定したいと思い、統計検定を受験しました。
細越 雄二さん(会社員)

2011年統計検定で3級及び専門統計調査士に合格しました。統計検定を知ったのは、社会人になってから仕事上の関係で知り合った方から教えてもらいました。私は社会人になってから国の統計調査の企画立案、実施、分析等の業務に長年携わってきましたので、その経験と知識がどれくらいあるのか客観的に判定したいと思って、統計検定を受験しました。ただ、専門統計調査士の資格を得られるのは、統計調査士と専門統計調査士の両方に合格しないといけないことに申し込んでから気づいたのは失敗でした。

統計検定を受験するにあたって、まず統計検定のホームページで出題例をみてから、だいたいの難易度を確認し、3級は確率・統計の専門書の問題を解いて準備しました。問題を数多く説いたわけではなく、基本的知識の確認を主に行いました。また、専門統計調査士については、これといった勉強をせず、これまでの統計調査の実査上の注意事項を確認した程度でした。

受験した後、正解が統計検定のホームページに掲載されて、自己採点して合格していることを確認しました。合格証が届いたときに、まさか専門統計調査士で優秀成績賞が取れているとは思ってもみませんでした。率直に言って嬉しかったです。今後は、統計調査士を受験し、無事合格して、専門統計調査士の資格に認定されることを目指します。ただ、2012年は他の国家資格の日と同じ日に当たっているようなので、来年に受験するかもしれません。
1級及び国際資格も行われるということで、統計の専門知識を有する人材が増えていくことを期待しております。統計検定の知名度向上も大切だと思います。

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2022年
1120日(日)

  • 1級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2021年1121日(日)

2021年620日(日)

過去の試験

  • ニュース&トピックス
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ