統計検定:Japan Statistical Society Certificate
日本統計学会公式認定・総務省後援・文部科学省後援・経済産業省後援・内閣府後援・厚生労働省後援

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 神戸 之法さん

合格者の声

1級(2015年以前)

統計の知識を身につける第一歩になればと思い,受験しました。
神戸 之法さん(京都大学大学院理学研究科)

 私は,物理学や統計学の勉強をしている人のブログによって統計検定を知りました。
 統計学には興味があったので,学習するいい機会だと思い,受験することにしました。
 私の場合は,まず基礎から勉強する必要性を感じたので,学部1,2年生用の確率統計の教科書を一通り読むことから始めました。その後に,2級の過去問を解きつつ,実際に計算ができるように練習しました。
 1級については,学部3,4年生用の教科書と公式のテキストである『統計学』を読みながら,該当する項目の過去問を解きながら理解を深めました。
 1級,2級の両方の学習をしていく中で,2級の範囲の知識を正しく理解しておくことが,1級の範囲の学習の理解に繋がると感じました。
 私にとって,1級の範囲は,知らない知識や発想に満ちていて,とても楽しく学ぶことができました。さらに統計応用は,私が受験した理工学以外にも,人文科学,社会科学,医学生物学などの様々な分野があり,統計学の応用範囲の広さと,実用性を感じ,受験を通じて統計学への興味が更に大きくなりました。
 1級,2級とも優秀成績賞を頂いたとはいえ,まだまだ習得できていない領域が沢山ありますので,これからも統計学の学習を続けていきたいと思います。
 統計検定を受験することは,私にとって統計学を学習する良いきっかけになったと思います。

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2022年
1120日(日)

  • 1級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2021年1121日(日)

2021年620日(日)

過去の試験

  • ニュース&トピックス
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ