統計検定:Japan Statistical Society Certificate
日本統計学会公式認定・総務省後援・文部科学省後援・経済産業省後援・内閣府後援・厚生労働省後援

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 町田 龍昭さん

合格者の声

1級「統計数理」

機械学習に寄った分野、統計モデリングやベイズ統計学について勉強をしていきたい
町田 龍昭さん(東京大学大学院情報理工学系研究科修士課程1年)

 大学院で機械学習関連の研究をしている研究室に所属しており、前々から線形代数学、解析学、数理統計学などの分野に対する理解がもっと必要だと感じていました。友人が前年度にこの試験を受験していることを知り、統計学の基礎を固めるのにいい機会だと思い受験することを決めました。
 勉強にあたっては『現代数理統計学の基礎』を主に使用しました。補助的なテキストとして公式の参考書も使用しました。勉強を始める前の自分の理解度としては、大数の法則、中心極限定理は耳にしたことがあるがなぜそうなるのか分からず、フィッシャー情報量については聞いたこともないくらいの酷い状態でしたが、上記のテキストを丁寧に読み進めることで、次第に理解できるようになりました。勉強時間の大半を基本的な分布への理解や変数変換などの確率変数の扱い、定理の証明に割きました。しっかり基礎から統計を理解したかったというのが理由ですが、結果として統計数理で問われている内容と合致していたので、基礎事項の理解に時間を割いて良かったと思っています。
 合格をもらえたとはいえ未だ理解が足りていない分野があるので、今後はそこに対する勉強を進めるのと並行して、より機械学習に寄った分野、例えば統計モデリングやベイズ統計学について勉強をしていきたいと思っています。

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2022年
1120日(日)

  • 1級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2021年1121日(日)

2021年620日(日)

過去の試験

  • ニュース&トピックス
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ