統計検定:Japan Statistical Society Certificate
日本統計学会公式認定・総務省後援・文部科学省後援・経済産業省後援・内閣府後援・厚生労働省後援

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 金子 亮也さん

合格者の声

1級「統計応用」

1級受験によって統計学の勉強に対する更なる前向きな視点を得ることができました
金子 亮也さん(東京大学3年)

 統計学の数学的基礎に興味が高まっていた中,友人が前年度に統計検定1級を受け合格したと知り,自分も力試しとして受けてみようと思ったのがきっかけでした。
 まず過去に概観を掴むために流し読みした中級レベルの数理統計学の本を問題演習と共にしっかりと学び直しました。普段の学校の試験に比べ勉強の自由度が高く,寄り道もしながら楽しく試験勉強を進める事ができました。また応用分野については自分の専攻とは別に興味のあった社会科学を選びました。比較的平易な計量経済学の本を数冊通読していく中で,統計学がやはり本質的に応用志向の学問であるという事を実感させられながら,現象の記述や予測に統計学がどのように絡んでいくのかを学んでいきました。試験直前期の過去問演習では,試験の形式に慣れると共に,理解の及んでいなかった概念や手法を重点的に修得していきました。特に統計応用の科目では出題内容が多岐に亘るので,他の文献等も参考にし不足していた知識の補充に努めました。
 今年度の試験は想定外の範囲からの出題があり,試験直後は合格できたかどうか自信がありませんでしたが,無事どちらも受かっていたため嬉しかったです。
 代数や幾何,計算科学など数学の諸分野と関連し合い新たな展開を迎えた統計学ですが,今回の一連の勉強で身に付けた標準的な検定論,推定論は,それらを深く学び始める際の大切な土台となっているなと感じます。また線形回帰やノンパラメトリック法,その他の解析手法については,現実の場面で実際にそれらを使ってみたいという気持ちが一層強くなっています。
 1級受験によって統計学の勉強に対する更なる前向きな視点を得ることができ,受験して本当によかったと思います。

※1級「統計応用」の最年少の記録をおもちの方です。2015年11月試験での合格です。-広報担当 記)

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2022年
1120日(日)

  • 1級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2021年1121日(日)

2021年620日(日)

過去の試験

  • ニュース&トピックス
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ