統計検定:Japan Statistical Society Certificate
日本統計学会公式認定・総務省後援・文部科学省後援・経済産業省後援・内閣府後援・厚生労働省後援

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 青木 智乃紳さん

合格者の声

専門統計調査士

これまでの経験を対外的にアピールするために取得しました。
青木 智乃紳さん(弘前大学医学部5年)

 私は,現在医学を学んでおりますが,以前は持株会社の広報部でグループに関する様々な調査業務に携わっておりました。そのような経験を生かし,私は医師として,人体をみるだけではなく,社会的な側面からも医学に貢献していきたいと考えております。ただ,医学部においては,これまでの経験に対する理解が必ずしも得られず,自分の目的意識や,専門性を効果的に伝えられないでおりました。そのような折,統計検定の存在を知り,これまでの経験を対外的にアピールする上で効果的と考え,受験を決めました。職務においては,統計の企画をしていたことから,「統計調査士」及び「専門統計調査士」を受験し,専門統計調査士の取得を目指すことにしました。
 受験にあたっては,日本統計学会の問題集を利用して学習いたしました。受験勉強を通じて,これまで経験的に行っていた知識が体系的に整理できると同時に,自分が見えていなかった面にも気付くことができました。
 医学においては,科学的な根拠に基づいて治療を行うというEBM(Evidence Based Medicine)の考え方が今後ますます重要になっていくと思われます。そのため,統計学の知識は臨床で医療を行う上で必須であると思われます。また,新たな治療法や医薬品の研究開発,政策決定における重要性もますます高まっていくと思われます。そのような社会的な要求に応えることの出来る医師となるためにも,今後,統計検定をメルクマールにしながら研鑽を続けたいと考えております。

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2022年
1120日(日)

  • 1級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2021年1121日(日)

2021年620日(日)

過去の試験

  • ニュース&トピックス
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ