統計検定:Japan Statistical Society Certificate
日本統計学会公式認定・総務省後援・文部科学省後援・経済産業省後援・内閣府後援・厚生労働省後援

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. Y.Mさん

合格者の声

1級「統計応用」

理解の過程を意識して勉強
Y.Mさん(監査法人)

 私は普段、監査法人でアクチュアリーとして働いています。アクチュアリーは、主に保険・年金分野における数理業務を行う専門職であり、資格試験にも確率統計の科目があります。しかし、資格取得後は統計理論を勉強する機会がなかったため、もう一度勉強する機会を持つこと、そのモチベーションとして統計検定を受験することとしました。
 試験対策を本格的に始めたのは受験半年前ごろからでした。まずは教科書を一通り読んだ上で、不明点は別途他の参考書(現代数理統計学(竹村彰通)等)やインターネットで調べることで理解を深めました。その際には、単に手法や公式、試験で頻出の統計量等を記憶するのではなく、そこに至るまでの過程を納得できるまで確認して深堀りすることを意識しました。過去問の演習を本格的に始めたのは試験2ヶ月前くらいからです。演習を繰り返すことで解くスピードや、各手種法の使い方になれることとしましたが、なるべく「なぜこれを使うのか」を意識して解くことにしました。答え合わせをする際も、回答を鵜呑みにして暗記するのではなく、自分の理解を整理しつつ、回答に書かれていることの根拠を自分で調べてみることで、深い理解ができたと思います。
 近年はデータ分析のための便利なツールが多く出回っており、中身を理解せずとも気軽にそれらしい結果を得ることはできますが、その背景にある統計理論を理解することでその質は大きく変わってくると思います。そうした意味では統計学の学習は重要ですし、学習方法の一つとして統計検定の受験は役に立つと思います。

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2022年
1120日(日)

  • 1級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2021年1121日(日)

2021年620日(日)

過去の試験

  • ニュース&トピックス
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ