統計検定:Japan Statistical Society Certificate
日本統計学会公式認定・総務省後援・文部科学省後援・経済産業省後援・内閣府後援・厚生労働省後援

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 柳 泉穂さん

合格者の声

1級「統計数理」

統計手法の本質を理解する機会として有効
柳 泉穂さん(東京大学大学院情報理工学系研究科修士2年)

 大学院で理論統計学を専攻しており、学んだ知識を改めて整理する良い機会だと思い1級(数理・応用)を受験しました。
 対策は竹村彰通先生の「現代数理統計学」を参照しつつ、公式問題集での過去問演習を通して行いました。1級では細かい知識というよりはむしろ、重要な事実を背景に本質の理解を問う問題が多く出題されます。「現代数理統計学」は各手法(推定論、検定論、線形モデル、ベイズ等々)の数学的な側面を体系的に解説しており、問題の背景を理解する上で役立ちます。
 応用では理工学を選択しました。以前は数理に類似した数学寄りの問題が主でしたが、近年はより応用に沿った問題が増えているように感じます。特に受験した回では、決定木のアルゴリズムを題材にした問題が出題されたのが印象的でした。幅広い統計手法を体系的に書いた本はまだ少ないように思いますが、日本統計学会公認の「統計学実践ワークブック」は様々な手法をコンパクトにまとめておりトピックを知るのに有効でした。
 統計が比較的身近なツールとなっている中で、各手法の本質を理解しておくことは非常に重要なことだと考えており、統計検定1級はそのための機会を与えてくれるものだと思います。卒業後はデータ分析業務に携わるため、この経験を活かし実際の業務に励んでいきたいと思います。

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2022年
1120日(日)

  • 1級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2021年1121日(日)

2021年620日(日)

過去の試験

  • ニュース&トピックス
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ