統計検定:Japan Statistical Society Certificate
日本統計学会公式認定・総務省後援・文部科学省後援・経済産業省後援・内閣府後援・厚生労働省後援

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 南元 篤史さん

合格者の声

1級「統計数理」

学習の中心は種々の確率分布の性質の導出から
南元 篤史さん(駒場学園高等学校 数学科教員)

 統計検定については、大学時代に友人が受験していたことで興味を持ちました。その後自分は教育学部で心理統計学を学び、特に卒論で項目反応理論について考察したので、学びの証として統計検定を受験したいと考えました。教員生活の中で勉強時間を確保するのが大変でしたが、大学時代の友人2人と毎週末オンラインで勉強会を行ってきました。3人揃って1級に合格できてとても嬉しく思います。
 さて具体的な準備ですが、統計数理は、種々の確率分布の性質を導出することが学習の中心でした。その中で大学1、2年レベルの微積分の復習をすることになりました。理論的事項の知識だけではなく、かなりの計算が要求されることが過去問から予想されたので、分布の期待値などは繰り返し計算して記憶にも留めました。統計応用は、専攻分野に近い人文科学を選択しました。とはいえ、判別分析やクラスター分析などについてはほぼ何も知らなかったので、小西貞則『多変量解析入門』などで学習しました。
 学習指導要領の改定で、今後は高校数学で統計について教えることが増えますが、統計検定を通じて自分の知識が整備され、良い準備ができたと思います。

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2022年
1120日(日)

  • 1級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2021年1121日(日)

2021年620日(日)

過去の試験

  • ニュース&トピックス
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ