統計検定:Japan Statistical Society Certificate
日本統計学会公式認定・総務省後援・文部科学省後援・経済産業省後援・内閣府後援・厚生労働省後援

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 竹内 峻平さん

合格者の声

1級「統計応用」

実践的な利用への第一歩として
竹内 峻平さん(東京大学理学部生物学科)

 私は生物学を専攻する学生で、特に生物情報科学に関心があります。
 遺伝子や転写産物、タンパク質の情報を網羅的に取得できるようになった昨今、生命システムはビッグデータとして捉えられるようになってきています。直観的には理解できない巨大なデータを解析するためには、統計学の基礎を習得することは避けては通れないと感じたので、医薬生物学分野を受験することにしました。
 医薬生物学は、他と比べてよく対策しなければいけない分野だと思います。確率分布の性質や統計的推定といった統計数理でも問われる内容が、よく出題される理工学分野などと比べて、専門的な内容の理解が問われる傾向にあるからです。特に比較試験の問題が多いので、その周辺知識を押さえておくと心強いと思います。
 ただし、まずは統計数理の内容を理解することが大切だと思います。対策が必要だとは書いたものの、基本がわかっていれば後は考えれば解けるようにできている問題もしばしば見られます。したがって、多少数理の勉強が長引いてしまっても、慌てず取り組むと良いと思います。
 試験本番では合格をいただけましたが、正直なところまだ理解しきれていない部分も多いです。今後も気を緩めず、楽しく統計学と向き合いたいと思います。

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2022年
1120日(日)

  • 1級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2021年1121日(日)

2021年620日(日)

過去の試験

  • ニュース&トピックス
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ