統計検定:Japan Statistical Society Certificate
日本統計学会公式認定・総務省後援・文部科学省後援・経済産業省後援・内閣府後援・厚生労働省後援

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 中島 信也さん

合格者の声

準1級

自分の強み弱みを再認識/驚きと発見も
中島 信也さん(旭化成株式会社)

 普段はデータ解析業務に就いており、所属する部内でも統計検定は自己研鑽の一環として推奨されており、本試験を知ることとなりました。準1級を受験しようと考えたのは、検定種の中では最も出題範囲が広いことに加え、正則化・ベイズ統計・サポートベクトルマシンなどの比較的新しめのトピックにも触れつつ、従来手法の分散分析、回帰分析、主成分分析やロジスティック回帰、説明変数選択を通じたモデル構築・情報量基準に基づくモデル評価など学びを深めるべき問題などもあり、業務上のニーズに沿った内容が一通りカバーされていると感じたためです。
 試験対策の勉強としては過去問を中心とし、類似問題が掲載された参考書を活用しつつ、1度解いた問題も繰り返し反復して解くことを心がけていました。そのため試験問題を見たら解法が思い浮かぶレベルまで理解を深めることができ、自信を持った状態で試験本番を迎えることとなりました。単に試験問題を解くというより、具体的ケースに沿って課題設定された問題が多く、身近な事例として興味深く読み解きながら勉強することができました。
 受験してみると過去に類題がなかったような問題もあり頭を悩ませましたが、基本に沿った正しい理解が求められる試験内容だと感じました。成績優秀者として表彰状をいただきましたが、改めて自分の強み弱みを再認識する結果となり、しっかり反省点を振り返って改善できればと思っております。一方で「こんな見方もできるのか」という驚きと発見が数多くあった面もあり、早くも公式問題集での解説を待ち遠しく楽しみに感じております。
 今後とも継続的に学んでゆき、業務に活かせるように努めたいと考えております。

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2022年
1120日(日)

  • 1級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2021年1121日(日)

2021年620日(日)

過去の試験

  • ニュース&トピックス
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ