統計検定:Japan Statistical Society Certificate
日本統計学会公式認定・総務省後援・文部科学省後援・経済産業省後援・内閣府後援・厚生労働省後援

  1. 統計検定TOP > 
  2. 統計検定とは > 
  3. 統計検定 統計調査士

統計検定 統計調査士

2022年以降の試験について

2020年12月22日にお知らせいたしましたとおり、1級以外の紙媒体を利用した従来の試験(PBT方式試験)は2021年をもって終了し、CBT方式試験に移行いたします。
参照:
1級以外の種別の紙媒体を利用した従来の試験(PBT方式試験)の終了について

統計検定CBT方式 統計調査士

経済統計/社会統計/公的統計 対応

実施趣旨

1990年代以降、「証拠に基づいた政策・意思決定」(evidence based policy)が世界的な潮流となっています。証拠の中心を成すのが統計データであり、なかでも公的統計は中央・地方の行政が施策を企画立案する上で、また国民・企業などが合理的に意思決定する際に欠かせぬものです。学術研究においても広く利用されています。現代において、政府等によって作成される公的統計は社会の情報インフラとして位置付けられますが、そこから目的に沿って有効な情報を引き出し、活用できなければ宝の持ち腐れといえます。統計調査士検定は、公的統計に関する基本的な知識を正確に認識し、公的統計を適切に利用する能力を評価する検定試験です。
統計調査士に合格することは、統計の役割、統計法規、公的統計が作成される仕組み等に加えて、主要な公的統計データの利活用方法に関する正確な理解を証するものです。合格することで、
(ア)取得する過程で有用な知識を体系的に整理して獲得できる、
(イ)自信と誇りを持って統計調査業務に取り組める、
(ウ) 公的統計に係る知識と能力が客観的に評価される
ため、就業において、とりわけ民間調査機関で優先的に採用されやすくなる 等の効果が期待されます。

統計調査士の認定証

統計調査士試験の合格者には日本統計学会が発行する「統計調査士」の認定証を授与します。

認定証の見本

試験内容

統計検定3級合格程度の基礎知識に加えて、社会人に求められる公的統計の理解とその活用力の修得を評価します。
■統計の基本
・統計の意義と役割
・統計法規
■統計調査の実際
・統計調査の基本的知識
・統計調査員の役割・業務
■公的統計の見方と利用
・統計の見方
・統計データの利活用

出題形式 5肢選択問題
問題数 30問
試験時間 60分
合格水準 100点満点に対して70点以上程度を合格
出題範囲 統計調査士出題範囲表 2022年4月更新

電卓の使用について

<持ち込み可能な電卓>
四則演算(+-×÷)や百分率(%)、平方根(√)の計算ができる普通電卓(一般電卓)又は事務用電卓

<持ち込み不可の電卓>
上記の電卓を超える計算機能を持つ金融電卓や関数電卓、プログラム電卓、グラフ電卓、電卓機能を持つ携帯端末

受験料

統計調査士 5,000円(税込)

過去問題

2021年11月試験

※2019年までの紙媒体を利用した試験で実際に出題されたすべての問題は、
『統計検定 統計調査士・専門統計調査士 公式問題集』
に出題の趣旨を含めた詳細な解説を付して収録されています。ただし、2022年4月から出題範囲表が更新されています。

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ