統計検定:Japan Statistical Society Certificate
日本統計学会公式認定・総務省後援・文部科学省後援・経済産業省後援・内閣府後援・厚生労働省後援

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 齋藤 有紗さん

合格者の声

3級

知識理解に留めず、積極的に政治学の研究に役立てたい
齋藤 有紗さん(早稲田大学1年)

 私は大学で政治学を専攻していますが、日本や海外における政治、またそれを取り巻く社会情勢や経済について深く考察するためには、まず揺るがない数値による裏付けが必要だと感じております。そのため、大学の講義で統計学の授業をとり、記述統計学を学びました。
 授業では、あらゆるデータに対して基礎的な記述統計分析を行えるようになること、また確率と標本抽出についてある程度の基礎的な知識を付けなければなりませんでした。大学の授業でどの程度の知識、技量がついたのか確認するため、今回統計検定を受験しました。大学の授業を復習することはもちろん、日本統計学編の『データの分析』や過去問題集を用いて勉強しました。数学が苦手であった私を成績優秀者に選んでいただけたことは、大変自信となりました。今回学んだ統計学の知識を単に知識として留めてしまうのではなく、統計分析の手法を積極的に用いて、今後の政治学の研究に役立てたいと思います。また、さらに上の級も目指していきたいと思います。

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2022年
1120日(日)

  • 1級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2021年1121日(日)

2021年620日(日)

過去の試験

  • ニュース&トピックス
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ