統計検定:Japan Statistical Society Certificate
日本統計学会公式認定・総務省後援・文部科学省後援・経済産業省後援・内閣府後援・厚生労働省後援

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 吉田 元気さん

合格者の声

2級

受験の動機は「ビックデータという現象を見極めたい」と考えたことです。
吉田 元気さん(富士通株式会社)

 受験の動機は「ビックデータという現象を見極めたい」と考えたことです。私は直接仕事で統計を使用する訳ではないのですが,ITに関わる仕事をしています。この業界では特に近年,ビックデータが1つのキーワードになっており,統計を使用しない私でもその重要性や可能性を実感する機会が増えています。ただその一方,実体のともなわないバズワードのように感じる機会も増えています。私は学生時に統計を勉強していたという背景もあり,「今だからこそ,統計の知識を深め,ビックデータという現象を見極めたい」と考えていました。そんな時,統計検定のWebサイトを拝見する機会がありました。この検定は仕事で統計を使用するわけでも,学生でも無い私にとって学習の指標,ひいてはモチベーションになると思い,受験を決めました。
 試験の準備では,定義まで掘り下げることを意識しました。まずは試験要項や過去問,テキストを分析。そこで取り扱われている分野を関連書籍を使用し,結論だけで無く定義に至るまで,1つ1つ丁寧に掘り下げて確認していきました。実際の試験もそのような知識の定着を問うものであり,自分の理解度を確認するよい機会であったと思いました。
 今後はその知識をさらに深めるため,1級への合格を目指します。また統計検定が統計に興味を持つ多くの方々にとって,学習をするための指標となっていくことを期待しております。

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2022年
1120日(日)

  • 1級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2021年1121日(日)

2021年620日(日)

過去の試験

  • ニュース&トピックス
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ