統計検定:Japan Statistical Society Certificate

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 高橋 秀征さん

合格者の声

2級

自分の統計の知識を試す機会になれば良いと考えて受験しました。
高橋 秀征さん(名古屋大学経済学部経済学科3年)

 統計検定があることは,授業の中で先生がおっしゃったことで知りました。私が所属するゼミが統計学に関するゼミで,そこで受験を推奨されており,また,自分の統計の知識を試す機会になれば良いと考えて受験しました。
 受験にあたっては,『統計検定 2級 公式問題集』を一度解きました。確率や分布,統計的推測などの部分は授業やゼミで学んでいました。しかし,問題を解いてみると,頭で理解していたことと,実感として理解することの間のギャップに気づき,そこを埋めるのが楽しかったです。また,データの収集方法についての知識がほとんどありませんでした。そのため,その部分だけ『人文・社会科学の統計学』を齧って勉強しました。
 検定に向けて勉強することで,自分の中で独立していた知識がある程度整理され,まとまったように思います。また,学ぶ・知るという観点で専門書を読むだけでなく,どのように使うのか,という見方で本を読むようになったと思います。
 2015年6月からは,準1級が新設されるようですので,そちらを受験してみたいと考えています。受験して合格することだけを目的とするのではなく,それ以降にどのように統計学と付き合っていくのか,使っていくのかも考えて勉強したいです。

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2022年
1120日(日)

  • 1級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2021年1121日(日)

2021年620日(日)

過去の試験

  • ニュース&トピックス
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ