統計検定:Japan Statistical Society Certificate

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 日暮 菜雄さん

合格者の声

2級

受験の動機は,統計の知識を体系的に身につけたいと感じたことでした。
日暮 菜雄さん(会社員)

 統計検定は知人が受験していたことから知りました。
 受験の動機は,現職においてWEBサイトの効果測定を行うことが多くなり,数値の解析をどうするのか悩んでいたため,数値を正しく評価する力を身につけたいと感じたことと,以前大学で学んでいた統計の知識を体系的に身につけたいと感じたことでした。
 受験に際しては,教科書を1冊購入し勉強を始めました。以前,大学で勉強していたため,難しくないだろうと思い勉強を始めましたが,忘れている部分や知らない部分もあり,複数のテキストを使って納得しながら進めていきました。教科書を一通り行った後は過去問題集を行い,苦手な部分を1つずつ潰していきました。教科書と問題集を一通りやるに連れ,業務で扱うデータの解析方法が明確になったり,今まで学んだ知識からの新しい発見もあり,とても楽しく学習を行うことが出来ました。
 また,仕事が忙しいため帰宅してからの勉強時間が取れないこともあり,長い通勤時間を有効に使って勉強を行いました。行きの電車でテキストを確認し,帰りの電車で例題を簡単に確認してみる,といった勉強法を行いました。結果,Sランクをいただくことが出来ました。
 今後は,会社全体として数値を正しく評価出来る力を向上するために統計の勉強会を開き,自らの知識のアウトプットを行いたいと考えています。また,更にもう一歩踏み込み,ビッグデータをどのように扱うべきなのか,という観点も勉強していきたいと考えています。検定においても,そのような観点を組み込んでいただけると幸いです。

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2022年
1120日(日)

  • 1級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2021年1121日(日)

2021年620日(日)

過去の試験

  • ニュース&トピックス
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ