統計検定:Japan Statistical Society Certificate

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 大高 靖慈さん

合格者の声

2級

可能な限り手計算で問題を解いてみる
大高 靖慈さん(フリーター)

統計検定の存在は、大学の友人が受験していたことがきっかけで知りました。私が卒業した大学の学科は教育心理学を専門としており、統計自体は大学に入ってから継続的に学び続けていました。
 卒業してフリーターになった私ですが、まずは大学で学んだことをきちんと形にしておきたいと思い、統計検定の受験を決めました。統計検定のための勉強は、もちろん大学時代の教科書などもあったのですが、日本統計学会が公式で認定している2級用の参考書「統計学基礎」と過去問題集を使って学習を進めることにしました。「統計学基礎」は統計学の内容だけでなく、統計ソフトのRを使ったデータの処理についても学ぶことができるので、検定の内容を学ぶだけではなく、そこから実践へと繋げていくことも意識しながら学習できると思います。過去問題集は解説も分かりやすく、試験対策の仕上げには間違いなくお勧めです。過去問は2周しっかりと解いて練習しています。学習を始めたばかりの頃は、敢えて計算機の使用を控えめにして、可能な限り手計算で問題を解いてみたりもしていました。問題の考え方・解き方、覚えるべき式の意味をしっかり理解できているか確認するためには有効だと思います。
 幸い、検定を最優秀成績という良い結果で終えることができました。当初の目的通り大学で学んだことをきちんと形にしつつ、さらには自分の将来についての可能性を感じることもできたのでとてもよかったと思います。今後しっかり勉強する時間が取れれば準1級にもチャレンジしたいと思っています!

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2022年
1120日(日)

  • 1級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2021年1121日(日)

2021年620日(日)

過去の試験

  • ニュース&トピックス
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ