統計検定:Japan Statistical Society Certificate

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 河上 聖弥さん

合格者の声

2級

何を学習しなくてはならないのかが明確になり,段階的に知識をつけていくことができました
河上 聖弥さん(東千葉メディカルセンター 看護師)

 以前より統計学の知識の必要性については感じていましたが,何を目標に勉強すれば良いのかわからず調べていました。そのような時にインターネットで統計検定の存在を知りました。数学的な知識は10数年前に高校で習って以降は全くと言って良いほど使用することなく過ごしてきました。そのため基本的な知識はないに等しい状態でしたが,統計検定合格という目標ができたことで自分が何を学習しなくてはならないのかが明確になり,段階的に知識をつけていくことができました。
 私は統計検定対応の参考書と公式問題集を主体に学習を行いましたが,1回目の試験では不合格となってしまいました。そこから問題演習を多くこなす必要があると感じて2回目までに多くの問題と接するために参考書を準備して取り組んでいきました。その結果,今回最優秀賞を頂くことができました。私のように数字に接する機会のない方は,多くの問題と接することで解法を導くまでの時間が短縮され試験対策としては有効ではないかと思います。
 医療分野では様々な業種の方と協力して患者の治療を行わなくてはなりません。そのような時に客観的な指標を用いたデータ分析を行い他者に説明できることは重要なスキルとなります。今回得た知識を臨床の現場へ応用し日々の業務に生かしていきたいと思います。また,今後は1級の合格を目指して学習を続けていきます。

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2022年
1120日(日)

  • 1級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2021年1121日(日)

2021年620日(日)

過去の試験

  • ニュース&トピックス
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ