統計検定:Japan Statistical Society Certificate

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 古田 貴喜さん

合格者の声

2級

過去問だけではなく,参考書に載っている練習問題も解くようにしました。
古田 貴喜さん(株式会社ササクラ)

 統計学をものにしたいなと思い,参考書に目を通すも中々頭に入ってこない。そんなときインターネットで見つけたのが統計検定でした。大学は文系だったので3級から始めようと思い立ちました。
 3級は試験の3か月前くらいから過去問だけを解いて本番に望みました。3級はこれだけで合格できました。これなら2級も簡単かなと思い3級と同様、1回目の試験では過去問しかやりませんでした。これは見事に不合格。しかも正答率も半分程度と惨憺たる結果でした。
 不合格の原因を考えた結果確率・確率分布に関する理解が足りないという結論に至りました。統計検定2級において確率・確率分布に関する問題は以外に多いのです。しかもグラフの読み取りと違って確率の考え方を理解していないと全く歯が立ちません。思い返して見れば過去問だけを解いていた頃はそれらの問題の解説を読んでも何を言っているのか理解できていませんでした。
 そこで2回目の試験対策として過去問だけではなく参考書に載っている練習問題も解くようにしました。私は参考書として「宮川公男著 基本統計学」を使っていたので2級の試験範囲となっている章の練習問題は全て解きました。2回目の試験で優秀成績者として合格出来たのもこの練習の賜物と思っています。
 2級を合格してから改めて参考書を読み返すと書いてある内容が腑に落ちていることが実感できます。統計学の勉強のために統計検定を使うことは非常に有用だと思います。統計学の知識を更に深めて行くために準1級・1級合格を新たな目標として、これからも勉強を続けていくつもりです。

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2022年
1120日(日)

  • 1級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2021年1121日(日)

2021年620日(日)

過去の試験

  • ニュース&トピックス
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ