統計検定:Japan Statistical Society Certificate

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 小林 等さん

合格者の声

2級

統計検定の一番の特徴は,最新のデータを使った問題の楽しさにあると思います。
小林 等さん(教員)

 統計検定は書店に置かれた公式問題集で知りました。何気なく目にとまった「統計検定公式問題集」の文字に惹かれパラパラとめくってみました。一見して今までの専門書になかった解いて楽しくしかも実社会に役立ちそうな問題ばかりで即座に購入しました。私は教員ですので生徒に統計を教える機会があります。複雑化する社会で統計学が重要になることに比例して高校数学では統計が重視されています。しかし教科書で扱われている内容は教育課程の制約もありもの足りなさを感じていたところでした。統計検定はそんな私には大変魅力的でした。
 仕事で使うexcelの分析ツールの存在も受験の動機の一つです。せっかく「データ分析ツール」があるのにどのようなときにどのような統計的分析を行えばいいのかわかりませんでした。このツールを使いこなしたいと思い統計学の専門書で学習しようとしました。しかし忙しさを理由に学習を先に延ばし何も身についていないことに気づきモチベーションが下がってしまうのでした。
 統計検定はそのような私にぴったりでした。以前学んだことを思い出しながら基本を確認し少しずつ知らなかったことがわかるようになりました。検定のよさは試験までにマスターすべきことが明確で計画的に学習しやすいことだと思います。短期的な目標があればこそスキマ時間を見つけて集中して学習することができました。そして統計検定の一番の特徴は最新のデータを使った問題の楽しさにあると思います。問題中に扱われるデータと作問のセンスのよさは授業を行う際に大いに参考になります。これからも楽しい問題を期待しています。

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2022年
1120日(日)

  • 1級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2021年1121日(日)

2021年620日(日)

過去の試験

  • ニュース&トピックス
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ