統計検定:Japan Statistical Society Certificate

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 關谷 純一さん

合格者の声

2級

公式テキストだけではなく,それ以外の統計の書籍を読み,知識を補充していきました。
關谷 純一さん(トランスコスモス・アナリティクス株式会社)

 仕事でSASやRといった統計ソフトを使ってデータ分析を行っているのですが統計を体系的に習得したわけではなく仕事の中で必要なものを個々に身に着けていったため基本的な知識がところどころ抜けていると感じていました。そこで自分がどの部分が身についていないのか客観的に評価して勉強しなおすことを考え会社の資格取得奨励の対象であり以前から受けてみたいと思っていた統計検定を受験することにしました。
 受験に当たって準備したことは統計検定の公式テキストを読み過去問題集を繰り返し解いていきました。過去問題でつまずいたところは公式テキストだけではなくそれ以外の統計の書籍を読み知識を補充していきました。
 統計検定2級の出題範囲は大学基礎課程になりますが受験した感想として業務での必要な知識が十分網羅されていると感じております。例えばデータ分析業務の基礎分析ではデータの分布散布図や相関など必ず確認しますしA/Bテストの効果検証在庫の需要予測などは検定回帰分析などの手法を使います。統計検定で身に着けた知識はデータ分析業務で活用できると感じました。また統計検定の結果を受けて自分自身の弱点も見え今後何を勉強すればよいのか明確になりました。
 今後は企業が抱えている様々な問題を統計モデリングなどで解決していきたいと考えていますので統計学の高度な知識実践的な応用力の理解が必要な準1級1級を受験したいと思っています。

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2022年
1120日(日)

  • 1級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2021年1121日(日)

2021年620日(日)

過去の試験

  • ニュース&トピックス
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ