統計検定:Japan Statistical Society Certificate

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 桧垣 卓也さん

合格者の声

2級

教科書だけでなく,総務省統計局の提供しているオンラインテキストやJMOOC等の動画による講義も活用しました。
桧垣 卓也さん(会社員)

 不規則系の物理を研究テーマとしていた大学時代に始まり,以後のビジネスの場においてもデータ分析に携わってきた関係で,統計的なモノの見方を必要とする環境に常に身を置いてきました。しかしながら学問として体系的に学ぶ機会はこれまで無かったため,統計検定の存在を知ったことを好機と捉え,受験を決めました。加えて,データ分析の世界で活躍する知人がこの検定で評価Sを受けていたことも刺激になりました。今回,自身も同様の評価を頂き,光栄に存じます。
 学習の過程では教科書だけでなく,総務省統計局の提供しているオンラインテキストやJMOOC等の動画による講義も活用しました。一つの項目に対して異なる解説で繰り返しインプットすることにより,知識が自分の腑に落ちるのを実感しました。また,検定合格をゴールとするのではなく,後々知識を使いこなせるようになることを目指していましたので,身近にある事象をサンプルとして自ら問題を設定し,区間推定や仮説検定の思考実験を行なっていました。この訓練が生きたのか,本番の試験で直ちに解法が閃かない問題に遭遇した際も,慌てることなく対応出来たように思います。
 数学は物理学を記述するのに必須の言語である,と言われますが統計学はデータを語る上での公用語です。普及ソフトウェアのパッケージを利用すれば誰にでも容易く統計分析の結果を得られる時代だからこそ,そこに妥当な解釈を添える力を獲得するために統計学を学習する意義があるのではないでしょうか。その入り口として,この検定をより多くの方に活用していただきたいと思います。私は今後,モデリング等の学習を通じて知識を使う力を強化したいと考えていますので,そのために有用な情報発信を検定サイドには期待しています。

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2022年
1120日(日)

  • 1級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2021年1121日(日)

2021年620日(日)

過去の試験

  • ニュース&トピックス
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ