統計検定:Japan Statistical Society Certificate
日本統計学会公式認定・総務省後援・文部科学省後援・経済産業省後援・内閣府後援・厚生労働省後援

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 木宮 勇毅さん

合格者の声

3級

過去の試験問題を解いて,統計学的なモノの見方・考え方を強化
木宮 勇毅さん(株式会社リクルートコミュニケーションズ)

 前職からデータの活用に関わる中で,統計検定の存在は知っていました。今回,会社からデータ解析研修を開催して頂き,その研修内容を理解できているかを評価するために受験しました。
 普段の業務でも,多少はデータの分析に関わっているため,ある程度は基本的な知識は保有していましたが受験にあたっては,研修で学んだ内容を振り返りつつ,過去の試験問題を解いて,統計学的なモノの見方・考え方を強化していきました。また,試験問題を解いていると,こういうケースもあり得るな,実際の業務だったらどうだろうか?と考えさせられることも度々あり,統計学をどう活かすのかを深く考える良い機会でもありました。
 ビッグデータが提唱されてからだいぶ経ちましたが,データから傾向やインサイトを発見していくには,やはり統計学の考え方が必要だと感じています。特に,データを可視化し,その中のエッセンスを見つけ,結果を解釈できることは,非常に重要なスキルセットだと思います。その意味で,3級の試験は,その理解度を測るのに最適な試験だと思います。
 今後も,業務で統計学を活かしていく機会を増やしていきつつ,統計学の知識を深め,自己のレベルを上げていきたいと考えています。

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2022年
1120日(日)

  • 1級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2021年1121日(日)

2021年620日(日)

過去の試験

  • ニュース&トピックス
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ