統計検定:Japan Statistical Society Certificate
日本統計学会公式認定・総務省後援・文部科学省後援・経済産業省後援・内閣府後援・厚生労働省後援

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 袴田 晴人さん

合格者の声

2級

データの輪郭が見えてくる
袴田 晴人さん(滋賀大学データサイエンス学部2年)

 統計検定という存在を知ったのは私が大学に入学してからでした。学部の性質上データ及び統計という分野自体には深く興味がありましたが、感覚的に抽象的な分野でもあったため、受験することに尻込みしていました。しかしながら進級し、統計学への知見も増えたことで貪欲に知識を蓄えたいという意欲が湧き、結果的に受験するきっかけとなりました。
 受験するにあたって、統計検定は飽くまで実力の指標に留めておくという事に注意していました。勿論、資格の一つになりますから社会に出るときの武器として受験するのも十分な理由の一つになるでしょうが、付け焼刃の知識よりも、数学の様に「何故この式はこのような形をしているのか。」などと根本的なところから理解することで、より発展的な内容への応用、また興味関心の他分野への敷衍に繋がると私は思います。
 また、私は上記のような考えを持っていますから、過去問等の問題を解き進め、様々な数式や分からない問題に出会い、それらを理解するといった統計検定に対する勉強は面白く、楽しかったです。結果的には最優秀成績賞受賞者として表彰されました。非常に光栄なことではございますが、それ以上にその過程で得たものは多いと思います。
 最後に私個人の考えですが、統計学を学ぶことはそのままデータへの理解につながると思っています。最初はもやがかかり形さえ分からないような物でも、様々な知識を蓄えそれらを自分自身の道具として活用する事で、ぼんやりとでも形が見えてくるものです。データは人によって、また見方によって全く形が違うと言いますから、より正確に見ることが出来るようになるためにも、まだ統計検定を受験されていない方は受験することを強くお勧めします。

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2022年
1120日(日)

  • 1級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2021年1121日(日)

2021年620日(日)

過去の試験

  • ニュース&トピックス
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ