統計検定:Japan Statistical Society Certificate

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 山田 直輝さん

合格者の声

2級

もっと統計について知りたい
山田 直輝さん(一橋大学商学部経営学科4年)

 大学のゼミではマクロ組織論という分野を中心に学習しているのですが、研究論文を読むたびに統計的な知識の無さを感じていました。統計の知識は大学卒業以降にも役立つだろうと日ごろから考えていたのもあって、統計検定2級の試験をペースメーカーとして統計の学習を始めることに決めました。
 大学では統計の講義を受講したことが無かったのですが、2級の範囲が大学初級程度というのを見て、当初はある程度自信を持っていました。しかし、いざ2級の範囲を勉強し始めてみると、自分がいかに統計データをいい加減に認識してきたのかが明白となりました。例えば、日常的に使われることも多い「平均」や「偏差値」といった用語も、定義や性質を確認してみると「こんな意味があったのか」と驚くことが多かったです。学習を進める中で特に苦労したのは、「検定」の範囲です。なかなか理解できず、がむしゃらに練習問題を解くこともありました。ただ、2級の範囲は基本的な理解を問う良問の出題が多く、勉強が進むにつれて統計学という学問分野への理解が深まるのが感じられ、楽しく勉強することができました。
 今回無事に2級に合格することができ、嬉しい気持ちもあります。しかし、それ以上に「もっと統計について知りたい」と感じています。というのも、2級の範囲は統計分析を読み解く上での土台という色彩が強く、統計データを批判的に検討したり自ら統計分析をデザインしたりするためには更なる学習が必要だからです。今後も学習を続け、次は準1級に合格できるよう頑張っていきたいと思います。

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2020年
621日(日)

試験中止

CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2019年1124日(日)

2019年616日(日)

過去の試験

今後の検定情報

2020年1122日(日)

  • 1級
  • 2級
  • 3級
  • 4級
  • 統計調査士
  • 専門統計調査士
  • ニュース&トピックス
  • 受験案内チラシ請求
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ