統計検定:Japan Statistical Society Certificate
日本統計学会公式認定・総務省後援・文部科学省後援・経済産業省後援・内閣府後援・厚生労働省後援

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 佐藤 雄大さん

合格者の声

データサイエンス発展

データサイエンス力は需要がより高まっていくであろう力
佐藤 雄大さん(株式会社コンピュータマインド)

 私はIT企業でソフトウェア開発やデータ分析業務に携わっております。以前より統計検定は受験をしておりましたが、データサイエンスを対象とした検定もあることを知り「データサイエンス発展」を受験しました。
 純粋な統計を活用する力はもちろん必要ですが、以前に比べ社会全体のビッグデータの収集能力が著しく上がっていることを踏まえると、今後はデータの分析・実務におけるデータ活用・実務でデータを活用する際の留意点等について現在よりも高いレベルで求められてくると考えています。
 受験を通して「データサイエンス発展」はこれからの社会で必要とされるであろう力の評価、社会全体のデータサイエンス力の向上を目指して新設された検定であると感じました。
 私自身は受験に際して対策はしておらず、統計に関する知識は1級と準1級に向けた学習を通し、データ活用力は日々の業務を通して学んでおりました。特別な対策はしませんでしたが合格した時は日々の学習により私自身の能力が向上していることが定量的に評価されたと感じられ嬉しかったです。
 統計検定のデータサイエンスは一段階レベルの高い「エキスパート」が予定されているとのことなので、配信が開始されたら受けてみたいと考えております。今後もデータを活用する側で居続けるために学習を続けていきたいと思います。

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2022年
1120日(日)

  • 1級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2021年1121日(日)

2021年620日(日)

過去の試験

  • ニュース&トピックス
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ