統計検定:Japan Statistical Society Certificate

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 岡本 直丈さん

合格者の声

1級「統計数理」

学ぶほどにその奥深さと面白さを感じます
岡本 直丈さん(東京大学理科Ⅰ類1年:2018月11月試験合格─1級「統計数理」・「統計応用」最年少記録)

 私が統計検定を知ったのは、高校生の時でした。
 高校の授業で統計を扱う機会はほとんどありませんでしたが、SSH(スーパーサイエンスハイスクール)の研究や同級生との議論で統計的な分析を行うこともあって少しずつ書籍やwebで学習していました。そこで、自宅近くの大学が統計検定の外部受検受け入れ団体会場になっていることを知り2級から挑戦を始めました。
 独学で全てが手探りの中、統計検定の書籍(日本統計学会公式認定 統計検定1級対応 「統計学」 日本統計学会 編)は適切な指針を与えてくれました。
 特に確率分布や統計推定・検定の分野は高校までの学習ではあまり厳密に議論をすることのないところで、とても興味深く勉強していました。
 大学生になり準11級とチャレンジしてみて、統計検定で問われる範囲はとても広く深いと感じていたので、まさか合格できるとは思っていませんでした。私自身は統計学の入り口にさしかかったところです。学ぶほどにその奥深さと面白さを感じます。
 この合格を機に、なお一層勉強していきたいと思っています。
 中高生には統計は馴染みが薄いかもしれませんが、数学に興味がある人ならきっと楽しく学べると思います。様々な手法を知るきっかけとして、統計検定への学習をぜひ進めて欲しいです。

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2021年
620日(日)

  • 準1級
  • 2級
  • 3級
  • 4級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2019年1124日(日)

2020年621日(日)

  • 試験は中止しました

2020年1122日(日)

  • 試験は中止しました

過去の試験

今後の検定情報

2021年1121日(日)

  • 1級
  • 統計調査士
  • 専門統計調査士
  • ニュース&トピックス
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ