統計検定:Japan Statistical Society Certificate
日本統計学会公式認定・総務省後援・文部科学省後援・経済産業省後援・内閣府後援・厚生労働省後援

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 岩屋 さおりさん

合格者の声

統計調査士

受験の動機は,これからの市民活動には統計の知識が必須だと考えたからです。
岩屋 さおりさん(所特定非営利活動法人インクルージョンプログラムラボラトリ)

 統計検定は,職場(NPO法人)の仲間から受験するよう勧められたことで,知りました。
 受験にあたっては,『統計検定 統計調査士・専門統計調査士 公式問題集(2011~2013年)』と『身近な統計』(放送大学教材)で,約1か月間,通勤時間などを活用して学習しました。高校や大学で学んだことの復習の部分が大きいと感じました。
 受験の動機は,これからの市民活動には統計の知識が必須だと考えたからです。私たちの活動は大きく言えば社会貢献活動ですが,直面する社会的課題と政府等が提供している社会調査の報告等を突き合わせて問題を掘り下げ解決法を探る場合や,私共が実施したプロジェクトの効果を測定する場合に,統計的知識の必要性を痛感しています。なによりも説得的な説明ができるようになれば,活動に対する支持や賛同が得られると考えています。
 今後は独自に調査の設計から分析までできるよう,職場の仲間と共に,統計や社会調査のスキルアップに努め,専門統計調査士の資格にも挑戦していきたいと思います。

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2022年
1120日(日)

  • 1級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2021年1121日(日)

2021年620日(日)

過去の試験

  • ニュース&トピックス
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ