統計検定:Japan Statistical Society Certificate
日本統計学会公式認定・総務省後援・文部科学省後援・経済産業省後援・内閣府後援・厚生労働省後援

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 小林 永知さん

合格者の声

3級

データをしっかり観るという姿勢が身についた気がします。
小林 永知さん(高校生)

統計検定があることは担任の先生から教えてもらいました。高校では今年から新しく「データの分析」が始まりましたが,私の高校では夏休み中に,統計グラフコンクールの作品を作りました。そこで培ったデータの見方が今回の統計検定で役立ったと思います。
統計グラフコンクールでのテーマは「薬剤師国家試験合格のために」でした。4年生国公私立大学・大学院修士・大学院博士の出身者が,薬剤師や薬学研究者,製薬会社など,それぞれどんな進路に進んでいるのかを調べました。薬学部への進学を目指しているので興味本位で調べましたが,いろんなデータがいっぱい出てきすぎて,どのデータから何が言えるのか,分からなくなってしまいました。
当初,国公立は研究者で私立は薬剤師が多いと思ってましたが,よく調べてみるとその比率は様々で,一概に何かをすぐ言えるものではないことが分かりました。今回の経験でデータを何となく見るのではなく,何かを主張するためにしっかり観るという姿勢が少しは身についたような気がします。
お世話になりました。ありがとうございました。

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2022年
1120日(日)

  • 1級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2021年1121日(日)

2021年620日(日)

過去の試験

  • ニュース&トピックス
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ