統計検定:Japan Statistical Society Certificate
日本統計学会公式認定・総務省後援・文部科学省後援・経済産業省後援・内閣府後援・厚生労働省後援

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 山口 雄大さん

合格者の声

2級

3級でデータの読み方を学び,2級ではデータを客観的に語ることを学びました。
山口 雄大さん(株式会社資生堂)

 化粧品の需要予測,というデータを扱う業務を担当していることもあり,会社の教育の一環で統計検定を知り,受験させていただきました。データは,主張や提案の強力な根拠になる一方,見せ方によって事象の解釈の仕方を誘導できる面もあり,そういう意味で,曖昧なものでもあると思います。データから確からしい背景,意味を読み取るためには,データを正しく解釈することが第一歩となります。そのために,統計学の知識は必要なものだと思います。
 3級でデータの読み方を学び,2級ではデータを客観的に語ることを学びました。実際,他者の提案に対し,客観的な視点で意見を伝えることができるようになったと感じていますし,自分の提案についても,客観的事実に基づいて話ができるようになりました。多くのビジネスにおいては,2級までの知識で充分だと感じていますが,データ分析のプロフェッショナルになるためには,さらに上の級を目指すことも考えています。
 データ分析をほとんど行わない業務に関わる方も,3級の知識があると,新聞の読み方でさえ変わるので,一度統計学を勉強されることをお勧めします。

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2022年
1120日(日)

  • 1級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2021年1121日(日)

2021年620日(日)

過去の試験

  • ニュース&トピックス
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ