統計検定:Japan Statistical Society Certificate
日本統計学会公式認定・総務省後援・文部科学省後援・経済産業省後援・内閣府後援・厚生労働省後援

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 鶴田 大さん

合格者の声

1級(2015年以前)

統計の知識の力試しと思い,受験してみました。
鶴田 大さん(株式会社新生銀行、一橋大学大学院国際企業戦略研究科1年)

統計検定は,大学院に掲示されていたポスターで知りました.統計の知識の力試しと思い,受験してみました。
統計応用は,理工学分野と迷いましたが,社会科学分野を選びました。私は金融機関で働いていますが,使う分野は社会科学分野と理工学分野のそれぞれ一部であったため,より過去に学習したことがある分野を選びました。一方で,それぞれ普段自分で使わないような分野もあり,範囲が非常に広いと感じました。
受験に当たっては,大学院で履修していた統計の授業のテスト勉強と合わせ復習しました。それで足りない範囲は,統計の教科書で詰め込みました。またHPにアップされていた問題例を解いてみました。特にそれぞれの手法を理解することに注意しました。一方で,範囲が広かったため,統計応用の一部の範囲は学習できませんでした。
実際の受験時,難しいと感じましたが,知識の応用を問われ,解いていて面白かったです。また,確率分布に関する知識も重要だと感じました。今後,The Royal Statistical SocietyのGraduate Diplomaが日本でも実施されれば,受験してみたいと思います。また,統計検定自体,受験するインセンティブを今後高めていただけると面白いと思いました。

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2022年
1120日(日)

  • 1級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2021年1121日(日)

2021年620日(日)

過去の試験

  • ニュース&トピックス
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ