統計検定:Japan Statistical Society Certificate
日本統計学会公式認定・総務省後援・文部科学省後援・経済産業省後援・内閣府後援・厚生労働省後援

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 大山 寛子さん

合格者の声

専門統計調査士

業界理解のためにという気持ちで挑みました。
大山 寛子さん(一般社団法人日本マーケティング・リサーチ協会)

 事務職の私が,「統計調査士」と「専門統計調査士」に合格することができました。私自身の業務は団体事務ですので,リサーチ業務(調査)を行うことはありませんが,弊協会(日本マーケティング・リサーチ協会 以下JMRA)の会員社・者が多くこの検定を受験していましたので,職場内の勧めもあり,業界理解のためにという気持ちで挑みました。
 受験対策は,「過去問を解きながら,解説を読み,分からないところを調べる」ことに終始しました。勉強時間は,「統計調査士」と「専門統計調査士」をあわせて20時間強と決して多くはありませんでしたが,それでも合格できたのは,業務の中でJMRAの『マーケティング・リサーチ綱領』や各種ガイドライン,『MR法務ハンドブックⅢ』やJMRAの各種セミナーに触れていたおかげだと思います。
 特に「専門統計調査士」の問題は,「記憶力」で解くというよりも,調査の原理・原則に照らしあわせて「考える」問題が多かったように思いますが,逆にいえば,調査の原理・原則が分かっていれば,自然と答えが導きだせるものです。その調査の原理・原則は,まさに前述のJMRAの資料等に記されているリサーチ業務の考え方であると感じました。「調査とは何か」「調査において何に気をつけなければならないか」「どのような手順が必要か」などは,JMRAの様々な資料に記されています。
 今回の受験を通じて,「JMRAにはリサーチの貴重な知恵が結集している」ことをあらためて感じました。(リサーチ業界を構成する会員の共同作業の賜物だと思います。)個人的なお勧めの勉強方法は,『マーケティング・リサーチ用語辞典』や『マーケティング・リサーチ綱領』,『マーケティング・リサーチ実施のための品質管理基準』,『MR法務ハンドブックⅢ』を横に置きながら,過去問をじっくり解くことです。この検定だけでなく,様々な実務の局面に役立つと思います。

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2022年
1120日(日)

  • 1級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2021年1121日(日)

2021年620日(日)

過去の試験

  • ニュース&トピックス
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ