統計検定:Japan Statistical Society Certificate
日本統計学会公式認定・総務省後援・文部科学省後援・経済産業省後援・内閣府後援・厚生労働省後援

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 帖佐 りよねさん

合格者の声

4級

統計は、今も将来も、色々な選たくをするときに役立つものだと私は思います。
帖佐 りよねさん(浦安市立美浜北小学校5年:2015年11月試験合格-4級最年少記録)

 私が”統計”という言葉を知ったのは小学3年生のころでした。
 小学校のろうかに「統計の日」と書かれたポスターが貼ってありました。
 でも、その時は統計がどういうものなのかは分かりませんでした。
 小学5年の10月ころお母さんが統計の勉強をしていた時に「一緒に受検してみる?」とすすめられて興味を持ち受検することにしました。
 もちろん、自分で勉強するだけでは分からないので、お母さんに教えてもらいました。
学校の授業で平均のことは習っていたのでそれは分かりましたが、”中央値”や”最頻値”などが分かりづらかったです。
 そんな時は『まんがで分かる統計学』を読んで、リフレッシュとともに、分からない部分を覚えるようにしていました。
 まんがなので子供の私でも読みやすかったです。
 その結果、私は合格して最年少記録を更新することができました。
 その後、学校の算数では割合と百分率を、社会ではグラフの読み取りを習う時には、統計検定で勉強したことがとても役に立ちました。
 今回統計を勉強したことで、ふだんから統計が役立つことに気がつき統計が好きになりました。
 たとえばクラスで多数決をとる時に最頻値を求めたり、理科の実験結果では中央値や平均値を求めると、なぜそうなったかを知るためのヒントが見つかるからです。
 私は小学生のうちに統計検定を受検して良い経験ができたと思いました。
 統計は、今も将来も、色々な選たくをするときに役立つものだと私は思います。

※4級の最年少の記録をおもちの方です。2015年11月試験での合格です。-広報担当 記)

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2022年
1120日(日)

  • 1級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2021年1121日(日)

2021年620日(日)

過去の試験

  • ニュース&トピックス
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ