統計検定:Japan Statistical Society Certificate
日本統計学会公式認定・総務省後援・文部科学省後援・経済産業省後援・内閣府後援・厚生労働省後援

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 濱崎 大範さん

合格者の声

1級「統計数理」

具体例を用いた勉強で数学への苦手意識を克服
濱崎 大範さん(The University of Melbourne Master of Data Science)

 私が統計検定1級を受験した理由は、修士課程でデータサイエンスを専攻するにあたって、数理統計学の基礎的な力を養いたいと考えたからです。 経済学部出身ということもあり、統計学を使用する機会はありましたが、表面的な理解しかできていないことに問題意識があり、勉強のモチベーションを保つために受験を決めました。
 勉強については、「現代数理統計学の基礎」の8章までの本文・演習問題・追加問題を繰り返し解きました。 解答もあるので自習しやすかったですが、初めて読む時には行間を埋めながら勉強していたので、時間がかかりました。 最初はすぐに先に進めず不安でしたが、結果的には効率的な勉強方法だったと思います。 また、似ている用語や記号を混同しやすいので、何度も定義を確認して身につけるようにしました。 過去問については1ヶ月前から取り組みました。 「現代数理統計学の基礎」の演習問題の方が難しく感じたので、過去問についてはあまり苦労しませんでした。 特に近年は基本的な内容を問う問題が多く、奇問・難問が出題されるわけではないので、計算力をつけて焦らずに解ける問題を解くことが必要だと思います。
 統計検定の受験を通して、統計学の体系的な知識を身に付けられただけではなく、統計学で使用される微積分・線形代数などの数学についても苦手意識がなくなりました。 統計学という具体例があるおかげで、数学についても重要性を体感できたからだと思います。 一方で、統計数理の勉強のみでは、学んだ統計学の理論を正しく現実のデータに適用するのは難しいと感じました。 こちらについては、統計応用の勉強や実際のデータ分析を通じて能力を養いたいと思います。
 今後はデータサイエンティストとして働いて活躍できるように、今回統計数理で学んだ知識を活かして大学院で更に学びを深めていきます。

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2022年
1120日(日)

  • 1級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2021年1121日(日)

2021年620日(日)

過去の試験

  • ニュース&トピックス
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ