統計検定:Japan Statistical Society Certificate
日本統計学会公式認定・総務省後援・文部科学省後援・経済産業省後援・内閣府後援・厚生労働省後援

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 藤原 伸哉さん

合格者の声

専門統計調査士

データ分析実務でも意識すべきポイントを学べる試験
藤原 伸哉さん(澪標アナリティクス株式会社)

 私はAI・データ分析特化型コンサルティング会社にてデータ分析官として従事しています。今回、専門統計調査士の最優秀成績賞を頂きうれしく思います。
 受験の動機としては、業務で統計知識や多変量解析等の分析手法を扱ってはいるのですが、アンケート調査等の調査企画・設計に関しては触れる機会が少なかったため、統計検定公式HPにて当資格を知り興味深く受験しました。
 今回の学習を通して印象深かったのは、標本の抽出方法やアンケートの回答取得方法による「誤差」についての理解を問われる内容についてです。これは勉強になる点が多かったと同時に学んでいてとても楽しいテーマでした。また、日常の分析業務においても標本抽出の仕方により発生する誤差については意識しておくべき重要なポイントになります。私はこれまで統計検定準1級まで取得していますが、この専門統計調査士の試験テーマはどちらかというと通常の統計検定と比べてより実務的な内容と感じました。普段の業務の中でデータアナリスト・データサイエンティストの教育も担当していまして、学習にあたりオススメの資格を把握する意味でも定期的に資格取得をしていますが、この専門統計調査士の資格も非常に面白いテーマでぜひオススメしたい資格と感じました。今後は新設されているデータサイエンス系の資格についてもチャレンジしてみようと思います。
 今後益々、データ利活用人材の重要性が増すとともに、その能力を判断できる基準も必要になってくると思います。この統計検定がこれからデータ人材を目指す方にとってもより良いモチベーションとなるようにさらなる発展を期待しています。

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2022年
1120日(日)

  • 1級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2021年1121日(日)

2021年620日(日)

過去の試験

  • ニュース&トピックス
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ