統計検定:Japan Statistical Society Certificate
日本統計学会公式認定・総務省後援・文部科学省後援・経済産業省後援・内閣府後援・厚生労働省後援

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 三浦 健さん

合格者の声

準1級

体系的に学ぶのに統計検定はお勧めです
三浦 健さん(会社員)

 統計検定の存在を知ったのは大学の統計学の授業です。卒業後、職場でデータを活用したビジネスの検討やヘルスケア関連のデータ分析、アンケート分析をする中で、統計学に必ずしも詳しくない方にもわかりやすく説明するために、統計学の理論的な背景を深く理解している必要があると感じ、統計検定の受験を決めました。
 統計検定の魅力は2点あり、1点目は試験が比較的頻繁に開催され、かつ、受験料も高すぎるわけではないので、気軽に自分の実力を測れる点、2点目は試験範囲が幅広いので、試験勉強をする中で自然と体系立てて統計学を勉強できる点です。
 勉強の方法は人それぞれだと思いますが、私は数式を眺めるだけでなく、紙に書いて数式の意味を説明できるかをチェックする、教科書を見ずに数式を再現できるかをチェックする、ということを愚直にやっていきました。
 地道な勉強ばかりだと飽きてきてしまうので、ある仮定の条件と目的で収集したデータがあるとした場合、どのような分析方法を採用し分析上どのような点に気を付けながらどのような結果を期待するのか、といったことを問いかける思考実験をしながら、メリハリをつけて継続して勉強する工夫をしていました。
 合格したとはいえ、まだまだ理解が不十分な領域が沢山ありますし、最新の理論が次々と出てくると思うのでこれからも学んでいきたいと思います。また、学んだことをビジネスにどう生かせるかという観点でも貪欲に追及していきたいと思っています。

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2022年
1120日(日)

  • 1級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2021年1121日(日)

2021年620日(日)

過去の試験

  • ニュース&トピックス
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ