統計検定:Japan Statistical Society Certificate
日本統計学会公式認定・総務省後援・文部科学省後援・経済産業省後援・内閣府後援・厚生労働省後援

  1. 統計検定TOP > 
  2. 関連情報 > 
  3. 統計検定取組事例 > 
  4. 大和証券株式会社での取り組み

大和証券株式会社での取り組み

〇なぜ統計検定2級を推進しているのか
 当社では現在、データとデジタル技術を活用したデータ駆動型ビジネスモデルへの変革を目指しています。部署や役職を問わず社員一人一人がデータ分析力を高めることができる環境の整備を進めており、その一環として、希望する社員が受講可能な「データ分析スキル向上プログラム」を展開しています。当プログラムの中のeラーニングコンテンツでの学習を通じて、統計検定2級やPython3エンジニア認定データ分析資格の取得を推進しています。

■当社としての資格取得の推進
 当社では社外資格・社内研修を取得することを社員の昇格の必要条件としており、難易度に応じたポイントを付与しています。代表的な社外資格としてはAFPや証券アナリスト等の金融業界で重要視される資格がメインでしたが、近年では、データ分析関連、IT関連資格が追加されています。統計検定に関しては2級以上の取得に対してポイントを付与しています。また、対象となる資格の受験費用を合格後に当社が補助することで、社員の受験を後押ししています。

■合格支援の取り組み
 当社社員向けサイト内で、データ分析やプログラミング言語(Python)について、資格取得に役立つ情報や社内での活用事例について掲載しているページを作成しています。また、「データ分析スキル向上プログラム」を受講している社員に対し、受講者同士のコミュニティを設置しています。統計の学習やニュースに関する情報交換や、学習する上で出た疑問点をCoE※(Center of Excellence)に質問することが出来る場を提供しています。
※データやデジタル技術に関する知見・ノウハウを提供し、サポートする社内の専門家集団

■合格者の声を共有
 統計検定の受験を検討している社員に向け、統計検定のページ内で2級合格者へのインタビューを掲載しています。合格に向けての勉強法、実際に学習に活用したサイト・参考書を紹介することで、合格に向けたサポートを行うとともに、様々な年次・役職の社員に対して行ったインタビューの内容を掲載し社員の学習意欲を高めています。

次回の検定情報

2022年
1120日(日)

  • 1級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2021年1121日(日)

2021年620日(日)

過去の試験

  • ニュース&トピックス
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ