logo 統計検定:Japan Statistical Society Certificate

日本統計学会公式認定・総務省後援・文部科学省後援・経済産業省後援・内閣府後援・厚生労働省後援
  1. 統計検定TOP > 
  2. 検定種別 > 
  3. 統計検定 国際資格(RSS/JSS)

統計検定 国際資格(RSS/JSS)

本ページの目的

統計検定 国際資格(RSS/JSS)は2017年5月に行った試験をもって終了しました。
本ページは、その記録として、必要な情報を掲載するものです。

実施趣旨

統計的方法論は、世界共通の言語として様々な研究分野や実社会におけるデータ解析の結果を提示するために用いられるもので、その意味で国境はありません。日本統計学会は、近代統計の発祥の地でもある英国の王立統計学会 (The Royal Statistical Society, RSS) と契約を結び、RSSが長年にわたって実施してきたものと同じ試験を日本において実施することとなりました。
RSS 試験では、Ordinary Certificate、Higher Certificate、Graduate Diplomaの3種類の試験が行われています。Ordinary Certificate が高等学校卒業程度、Higher Certificate が大学で統計を専門とする場合の基礎教養程度、Graduate Diploma が大学で統計を専門とする学科卒業程度とされています。Graduate Diploma は多くの大学で統計学修士課程出願に十分な資格と認められています。
日本では、2012 年からHigher Certificate 試験を実施しています。2014年から Graduate Diploma 試験を開始します。
日本で実施する Higher Certificate 試験問題は RSS が実際に世界各地で実施している試験と同一の英語版と、それを翻訳した日本語版が用意され、受験者はいずれかを選択して解答できます。 問題と解答の言語は一致している必要があります。 英語版と日本語版は同じ基準によって採点され、合否が決まります。このような体制による試験は、すでに香港統計学会が導入しています。
一方、日本で実施する Graduate Diploma 試験問題は RSS が実際に世界各地で実施している試験と同一の英語版のみを使用します。解答については、英語もしくは日本語を選択できます。

RSSホームページ
Royal Statistical Society : Home
Royal Statistical Society : Key information

試験内容 RSS/JSS試験(HIGHER CERTIFICATE)

出題形式 モジュールと呼ばれる問題群8つで構成されている、各モジュールとも記述式試験。
受験言語 受験申込の際に、問題用紙と解答で使用する言語として、日本語と英語のいずれか一つが選択できます。ただし、選択した言語を変更することはできません。
問題数 1モジュールあたり4問中3問を選択。
試験時間 1モジュールあたり90分
満点 1モジュールあたり60点
合格水準 1モジュールあたり30点
出題範囲 RSS/JSS試験(Higher Certificate)出題範囲表2015

Higher Certificate の認定

モジュール1からモジュール4を含む6モジュールに合格すると Higher Certificate という資格が、日本統計学会およびRSSの連名で授与されます。なお、Graduate Diploma を受けるには、Higher Certificate のモジュール1から6の知識が要求されます。

Higher Certificate モジュール

モジュール1 : データの収集と解釈 Data collection and interpretation
モジュール2 : 確率モデル Probability models
モジュール3 : 基礎的な統計的方法 Basic statistical methods
モジュール4 : 線形モデル Linear models
モジュール5 : 確率と統計的推測の発展的内容 Further probability and inference
モジュール6 : 統計学の発展的応用 Further applications of statistics
モジュール7 : 時系列と指数 Time series and index numbers
モジュール8 : 調査のための抽出と推定 Survey sampling and estimation

試験内容 RSS/JSS試験(GRADUATE DIPLOMA)

出題形式 モジュールと呼ばれる問題群5つで構成されている。各モジュールとも記述式試験。
受験言語 問題用紙は英語のみとなります。受験申込の際に、解答で使用する言語として、日本語と英語のいずれか一つが選択できます。ただし、選択した言語を変更することはできません。
問題数 1モジュールあたり8問中5問を選択。
試験時間 1モジュールあたり180分
満点 1モジュールあたり100点
合格水準 1モジュールあたり50点
出題範囲 Syllabus for examinations in 2015

Graduate Diploma の認定

モジュール1からモジュール5の全てに合格すると Graduate Diploma という資格が、日本統計学会およびRSSの連名で授与されます。

2017年
 Pass 濱口 雄太
2016年
 Pass with Distinction 小田 秀匡(最優秀成績賞)
 Pass 草場 穫
2015年
 Pass with Credit 高部 勲(優秀成績賞)
 Pass with Credit 山形 成彦(優秀成績賞)
2014年
 Pass with Distinction 小野 裕亮(最優秀成績賞)

※全てのモジュールの平均点が100点満点中、Pass with Distinction 75点以上の場合に認定され、Pass with Credit は65点以上の場合に認定されます。 日本統計学会では、Pass with Distinctionでの合格者に「統計検定RSS/JSS試験 最優秀成績賞」を、Pass with Creditでの合格者に「統計検定RSS/JSS試験 優秀成績賞」差し上げました。

Graduate Diploma モジュール

Module 1 : Probability distributions
Module 2 : Statistical inference
Module 3 : Stochastic processes and time series
Module 4 : Modelling experimental data
Module 5 : Topics in applied statistics

RSS/JSSの記録

認定者・モジュール合格者/試験結果概要

過去問題

Higher Certificate および Graduate Diploma の過去問題・解答例の英語版は、 次のRSSホームページに掲載されています。
Past papers and solutions

問題集
『統計検定 1級・RSS/JSS試験 公式問題集[2012〜2013年] 』
には、Higher Certificate 試験の日本語版の問題と解答例が掲載されています。

2016 Higher Certificate 過去問題

モジュール1:問題

モジュール2:問題

モジュール3:問題

モジュール4:問題

モジュール5:問題

モジュール6:問題

モジュール7:問題

モジュール8:問題

2010 Higher Certificate 過去問題・解答例(参考訳)

モジュール1:Data collection and interpretation

問題
解答例

モジュール2:Probability models

問題
解答例

モジュール3:Basic statistical methods

問題
解答例

モジュール4:Linear models

問題
解答例

モジュール5:Further probability and inference

問題
解答例

モジュール6:Further applications of statistics

問題
解答例

モジュール7:Time series and index numbers

問題
解答例

モジュール8:Survey sampling and estimation

問題
解答例

 

過去問題の教育機関への有償頒布について

  次の年のRSS/JSS(Higher Certificate) 試験過去問題および試験過去問題解説を有償配布します。
 ・2012 年 試験過去問題 および 試験過去問題解説
 ・2013 年 試験過去問題 および 試験過去問題解説
 ・2014 年 試験過去問題 および 試験過去問題解説
 ・2015 年 試験過去問題 のみ