統計検定:Japan Statistical Society Certificate

  1. 統計検定 CBT方式試験TOP > 
  2. CBT方式試験とは > 
  3. 統計検定CBT方式 準1級

統計検定CBT方式 準1級

実施趣旨

ビッグデータ時代の到来とともに、統計的な考え方を身につけ統計学の様々な手法を正しく理解して、現実の諸問題の解決に役立てる力がますます求められる時代となりました。 自然科学や人文社会科学の学問分野にとどまらず、ビジネスでの日々の意思決定や政府の政策立案・評価においても、データに基づく客観的な判断が必要です。計算機の発達とともに統計学の諸手法を容易に使える環境が整ってきましたが、問題に応じて適切な手法を用い、結果を正しく解釈する能力をつけることによって、初めてそれらのツールを強力な武器とすることができます。統計検定準1級は、2級までの基礎知識をもとに、実社会の様々な問題に対して適切な統計学の諸手法を応用できる能力を問うものです。

試験内容

大学において統計学の基礎的講義に引き続いて学ぶ応用的な統計学の諸手法の習得について検定します。具体的には下記の(1)、(2) を踏まえ、適切なデータ収集法を計画・立案し、問題に応じて適切な統計的手法を適用し、結果を正しく解釈する力を試験します。

(1) 統計検定2級の内容をすべて含みます
(2) 各種統計解析法の使い方および解析結果の正しい解釈

開始年月日2021年7月27日(火)
出題形式5肢選択問題、数値入力問題
問題数25問~30問
試験時間90分
合格水準100点満点で、60点以上
出題範囲統計検定準1級出題範囲表

電卓の使用について

<持ち込み可能な電卓>
四則演算(+-×÷)や百分率(%)、平方根(√)の計算ができる普通電卓(一般電卓)又は事務用電卓

<持ち込み不可の電卓>
上記の電卓を超える計算機能を持つ金融電卓や関数電卓、プログラム電卓、グラフ電卓、電卓機能を持つ携帯端末

※試験会場に持ち込める電卓は1台までとなります。
※試験会場では電卓の貸し出しは行っておりません。
※試験前に電卓の確認を行うことがあります。

統計数値表について

統計検定CBT方式準1級では、解答に必要な統計数値表は試験会場で配布し、試験終了後に回収します。

受験料

準1級(一般価格)8,000円(税込)
準1級(学割価格)6,000円(税込)
※学割の対象者についてはCBTの運営を行っているオデッセイコミュニケーションズの試験要項「学割価格の対象となる学生」にてご確認ください

試験結果レポート

CBT方式試験では、試験直後に試験結果レポートが提示されます。合格証は後日郵送されます。

合格証

CBT方式試験では、試験日から4~6週間後に合格証を発送します。合格証にはCBT方式試験での合格であることが記載されますが、紙媒体の試験と同等の資格が認定されます。

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ