統計検定:Japan Statistical Society Certificate

  1. 統計検定TOP > 
  2. 統計検定とは > 
  3. 統計検定 データサイエンス発展及びエキスパート(CBT)

統計検定 データサイエンス発展及びエキスパート(CBT)

実施趣旨

社会が大量のデータを生み出し、価値を創出する「データ時代」となり、データサイエンスの重要性が広く認識されるようになりました。文部科学省も数理・データサイエンスをすべての大学生が学ぶべき分野と位置づけ、この分野の教育強化を進めています。特に「数理・データサイエンス教育強化拠点コンソーシアム」において大学における標準的なカリキュラム及びスキルセットが整備されています。
「データサイエンス基礎」を踏まえて、「データサイエンス発展」では大学教養レベルの一般的な内容について、さらに「データサイエンスエキスパート」では大学専門レベルの内容について、CBT方式で評価・認証します。試験内容は、上記の数理・データサイエンス教育強化拠点コンソーシアムのスキルセットに準拠します。これによりデータサイエンスのスキルレベルを客観的に評価します。

試験内容(予定)

試験内容の概要は以下の通りです。データサイエンス発展の具体的な内容は、数理・データサイエンス教育強化拠点コンソーシアムのリテラシーレベルのモデルカリキュラムに準拠した出題範囲表をご覧ください。データサイエンスエキスパートの出題範囲表は、コンソーシアムの応用基礎レベルのモデルカリキュラムの公表後に確定します。

データサイエンス発展 数理、計算、統計、倫理に関する大学教養レベルの内容
データサイエンスエキスパート 計算、統計、モデリング、領域知識に関する大学専門レベルの内容
試験形式 コンピュータ上で多肢選択や数値・文字入力で問題に答えるCBT(Computer Based Testing)形式
問題数 データサイエンス発展:30問程度
データサイエンスエキスパート:40問程度
試験時間 データサイエンス発展:60分
データサイエンスエキスパート:90分
合格水準 データサイエンス発展:100点満点で70点以上
データサイエンスエキスパート:100点満点で60点以上
出題範囲 統計検定データサイエンス発展出題範囲表

電卓の使用について

使用可の電卓
四則演算(+-×÷)や百分率(%)、平方根(√)の計算ができる一般電卓又は事務用電卓を1台

使用不可の電卓
上記の電卓を超える計算機能を持つ関数電卓やプログラム電卓、電卓機能を持つ携帯端末(タブレットや携帯電話、スマートフォン)
※試験会場では電卓の貸出しは行っておりません

受験料

統計検定データサイエンス発展及びエキスパート 未定
※詳細が決まり次第お知らせいたします

サンプル問題

試験開始までのスケジュール(予定)

2020年5月 データサイエンス発展出題範囲表公開
2020年7月 データサイエンス発展サンプル問題公開
2020年10月 データサイエンス発展ベータ試験開始(一部の会場)
2021年2月 データサイエンス発展試験開始
2021年5月 データサイエンスエキスパート出題範囲表及び
サンプル問題公開
2021年5月 データサイエンスエキスパートベータ試験開始(一部の会場)
2021年9月 データサイエンスエキスパート試験開始

次回の検定情報

2020年
1122日(日)

CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2019年1124日(日)

2020年621日(日)

  • 試験は中止しました

過去の試験

今後の検定情報

2021年620日(日)

  • 準1級
  • 2級
  • 3級
  • 4級
  • ニュース&トピックス
  • 受験案内チラシ請求
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ