統計検定:Japan Statistical Society Certificate

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 真壁 孝嘉さん

合格者の声

2級

統計検定で身についたデータを見る力
真壁 孝嘉さん(ITエンジニア)

 今年から機械学習やデータ分析を業務で行うようになったこともあり、データ分析に関する基礎力を身に付けようと思ったこと、それが統計検定を受験したキッカケです。現場では機械学習やディープラーニングに関するフレームワークを使って、モデルを作ったり、データ分析を行ったりしていますが、理論の部分からしっかりと理解出来ているかと言えば怪しい部分も多々ありました。既成のフレームワークを利用して、何となくプログラミングを書けばそれらしい結果が返ってくる、そういった作業が中心になりがちでした。
 そう言った状況を打破するためにも、機械学習や統計に関する数学をもう一度基礎から見直そうと思い、まずは大学レベルとなる統計検定の2級取得からスタートしていこうと思ったのが、今年の初め頃でした。
 当初は、最早習ったかどうかすらも分からない知識のオンパレードで、初めて聞く様な理論や、知識ばかりだったことを覚えています。しかし、そういった中でも統計学が自身に与えてくれる驚きや発見は日々新鮮なもので、全く飽きずに学習を続けることができたと思います。
 数学というと、どうしても「抽象的」「とっつきにくい」「難しい」「なんの役に立つのか不明」みたいなイメージが世の中一般のイメージだと思います。かくいう私も理系出身ですが、純粋数学は他の学問に比べとっつきにくい印象がありました。しかし、統計学に関しては、その様なこともなく、むしろ現在の業務でもその考えや手法は、かなり使っていますし、機械学習や統計に直接関する仕事ではないとしても、おそらくかなり広い分野で応用の効く学問だと思います。
 難しい数式を一つ一つ眺めていくのは、厳しいことですが、それが示している結果は、日常の感覚と一致しているし、むしろその感覚が数式で美しく表されているのを知ると、数学が苦手な私でも思わず感動してしまいます。そういった発見を与えてくれる統計学の入り口にもなる統計検定を受けてみるのは、一つの手かと思います。

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2020年
621日(日)

申込:4月16日~5月15日

  • 準1級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2019年1124日(日)

2019年616日(日)

過去の試験

今後の検定情報

2020年1122日(日)

  • 1級
  • 2級
  • 3級
  • 4級
  • 統計調査士
  • 専門統計調査士
  • ニュース&トピックス
  • 受験案内チラシ請求
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ