統計検定:Japan Statistical Society Certificate

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 斎藤 哲さん

合格者の声

2級

統計検定2級の問題は面白い
斎藤 哲さん(埼玉医科大学国際医療センター 医師)

 統計検定2級の問題は面白い。統計学は役に立つから、というだけではもったいない。
 20186月の問7は、腕相撲で強い相手と弱い相手と交互に3回勝負し2連勝するには最初にどちらと戦う方が良いかという問題であった。直感的には先に弱い相手との勝負を選びがちだが、計算すると逆になる。どちらにも勝たなければならないのなら、勝ちづらい相手と先に勝負した方が良いというのが冷静な判断なのだ。
 20176月の問6では、2つのコインABの重さを天秤で計測するのだが、コインの重さの和A+Bと差A-Bを計測して、ABの重さを算出するのである。なぜわざわざそんな面倒くさいことをするのか疑問に思いながら計算すると、誤差の分散がσ2/2になり個々に計測するよりも小さくなることが分かってくる。機械による測定誤差を少しでも小さくする工夫が、問題を解くうちに分かるようになっている。
 また201711月の問2は、いくつかの説明変数から桜の開花日を予想するための回帰モデルを作成する問題だ。平均気温が最も大事であり、降水量や日照時間とはあまり相関がないことを散布図が示している。無機質な数値処理をするだけで問題自体は解けるが、普段触れない面白いデータを出題してくれて、解答者を飽きさせない。
 どの業界でもデータ重視になっている昨今、教養や仕事のために統計検定を勉強する人が多いと思う。しかし問題を解いていると時々、出題者の工夫に気付き、ニヤリとほくそ笑むことがある。……やがてニヤリとするために勉強をするようになるのである。

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2020年
621日(日)

申込:4月16日~5月15日

  • 準1級
CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2019年1124日(日)

2019年616日(日)

過去の試験

今後の検定情報

2020年1122日(日)

  • 1級
  • 2級
  • 3級
  • 4級
  • 統計調査士
  • 専門統計調査士
  • ニュース&トピックス
  • 受験案内チラシ請求
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ