統計検定:Japan Statistical Society Certificate

  1. 統計検定TOP > 
  2. 合格者の声 > 
  3. 久保田 直人さん

合格者の声

2級

生命科学における統計学の重要性
久保田 直人さん(九州大学 システム生命科学府 一貫性博士課程3年)

 私は大学において生命科学分野の研究を行っており、専門は情報生物学(バイオインフォマティクス)です。
 近年の生命科学は革新的な技術の発展に伴い、ゲノムを始めとする様々な種類のビッグデータが凄まじい勢いで蓄積され続けています。しかし、データの解析自体はもちろん、複雑なデータ解析・統計処理を行っている論文を正しく読み、理解できる人は、生命科学の分野ではかなり少ないのでは?と感じています。
 こういった背景から、これからの生命科学において最新の知見を正しくインプットし独創的なアイデアを生み続けるためには、統計学の素養が必須になると感じ、今回は2級の受験を決めました。元々統計学を体系的に学んだ経験がなかったこともあり、最初は過去問を解いてみてもわからないところだらけでしたが、教科書等を使いながら少しずつ理解を進めました。また、普段論文を読んでいるときに統計処理に関してわからないことがあればその都度基礎まで遡って調べる、ということをしていたお陰で、応用を理解することができ、統計学の全体像を掴むことができました。
 生命科学分野で研究を行う方には統計検定の受験をおすすめします。
 今後は準1級・1級の合格を目指して勉強を続けていきたいと思います。

合格者の声一覧にもどる

次回の検定情報

2020年
621日(日)

試験中止

CBT方式受験

日時・会場を選んで
コンピュータ上で受験

統計調査士のCBT方式試験が開始されました

前回の検定情報

2019年1124日(日)

2019年616日(日)

過去の試験

今後の検定情報

2020年1122日(日)

  • 1級
  • 2級
  • 3級
  • 4級
  • 統計調査士
  • 専門統計調査士
  • ニュース&トピックス
  • 受験案内チラシ請求
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ
facebook twitter

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ