統計検定:Japan Statistical Society Certificate

  1. 統計検定TOP > 
  2. よくあるご質問

よくあるご質問

受験資格はありますか?

各試験では目標とする水準を定めていますが、年齢、所属、経験等に関して、受験上の制限はありません。

受験に関する教材やセミナーはありますか?

受験に関する参考図書は参考図書のページを参照してください。
統計検定センターとしてセミナーは実施しておりませんが、日本統計学会が推薦する講師が担当する外部のセミナーがありますので、連携セミナーのページを参照してください。

同一の試験日に複数の検定を受験できますか?

異なる試験時間帯の組合せであれば、受験が認められます。
各試験日の試験時間割をご確認ください。

 

検定日当日に欠席する場合、事前連絡は必要ですか?

必要ありません。

ただし、検定料の返金などには応じられませんので、あらかじめご了承ください。

(公共交通機関の乱れが原因の場合は、「電車が遅れて、試験に間に合わない場合はどうすればよいですか?」の項を参照してください。)

遅刻をしても入室できますか?

試験開始20 分後までは入室および受験が可能ですので、試験会場に来て遅刻した旨をお申し出ください。(試験会場への直接のご連絡はお控えください。)

なお、いかなる理由であっても、試験時間の延長はしません。

また、この時間以降は、受験をお断りさせていただきます。

(公共交通機関の乱れが原因の場合は、「電車が遅れて、試験に間に合わない場合はどうすればよいですか?」の項を参照してください。)

 

※CBT試験については、申し込みの際にHPの諸注意をご確認ください。

電車が遅れて、試験時間に間に合わない場合はどうすればよいですか?

試験当日に、公共交通機関の乱れにより、試験に間に合わなくなった、あるいは受験できなくなった場合は、試験翌日までに、問い合わせフォームより、
 •受験者ご氏名
 •受験番号
 •ご連絡先
 •ご住所
 •遅延等があった路線等の詳細

をご連絡ください状況を確認し、追って対応をご連絡いたします。原則、「遅延証明書」の提出をお願いしますので、ご用意ください。

なお、試験開始20分後までに到着できた場合は、受験をすることはできますが、時間延長はありません。

 

※CBT試験については、申し込みの際にHPの諸注意をご確認ください。

統計検定試験の名称を使用できますか?

使用料はかかりませんが、商用利用の場合は許諾を必要としますのでご連絡ください。

検定試験の過去問題を使用できますか?

商用利用の場合は許諾と使用料の支払いが必要ですのでご連絡ください。商用以外、たとえば教育機関等での使用は無償です。著作権法を守って使用ください。

CBT方式試験とは何ですか?

CBT(Computer Based Testing)方式とは、全国の会場(現在は約180)のCBT会場で、コンピューターを使って、統計検定を受験するシステムです。
この方式による受験は2016年8月29日(月)から可能となっています

詳しくはこちら(CBT方式試験の説明ページ)をご覧ください(CBT方式試験に関する問合せ先もこちらに記載しています)。

次回の検定情報

2017年
1126日(日)

受験申込受付は終了しました
個人申込:9月6日~10月13日
団体申込:9月6日~10月11日
> 試験要項

  • 1級
  • 2級
  • 3級
  • 4級
  • 統計調査士
  • 専門統計調査士

前回の検定情報

2017年618日(日)

2017年519日~21

過去の試験

今後の検定情報

2018年617日(日)

  • 準1級
  • 2級
  • 3級
  • 4級
  • ニュース&トピックス
  • 受験案内チラシ請求
  • 合格者の声
  • 参考図書
  • 過去の受験データ

Copyright © 一般財団法人 統計質保証推進協会 All Rights Reserved.
「統計検定」は登録商標です。

ページの上部へ